食育

 
・健康な身体づくりができるようにする
・友だちと楽しく食べられるように工夫する
・食文化を継承する
・いのちの大切さを伝える
・クッキング保育の楽しさを伝える
・保育士と連携を取り子ども達の成長を促す
・保護者と共に食の大切さを考える

噛む事の大切さを伝える
・食材の切り方をあえて大きくし、蒸す時間を短くして硬めにしています。
・献立の付け合わせに「焼きめざし、小魚、スティック野菜」を入れています。

食べることへの関心を高める
・旬の野菜に触れられるようにしています。
(毎日の食材展示をすることで、見たり触れたり匂いを知る)
・子ども達に野菜の皮むきや買い物のお手伝いをしてもらっています。
・各クラスで栽培した野菜を使いクッキングをしています。
(日頃からクラスで身近に感じられるような小クッキングを取り入れたり、

 クッキングまでの過程を大切にし、
 子ども達が買い物へ行ったり準備段階から参加して気持ちを高めるられるようにしています)

子ども達との結びつきを強める
・栄養士・調理員がクラスへ行き、子ども達と一緒に給食を食べる機会を設けています。
・クッキングの際、給食室も子ども達の様子を見たり参加する機会を増やしています。
・誕生日会で三色食品群の話をするなど、食べることの大切さを伝えています。
・年間を通じて行事前には「がんばってねおやつ」やカードを作り、
 クリスマスには「クッキーツリー」を作り子ども達一人ひとりにプレゼントしています。

誕生日会(行事食)の献立
・誕生日会の日は子ども達の好きな特別メニューにしています。
 また、伝統行事にちなんだ献立も毎月入れています。
異文化の食を体験する
・和食を主にしながら、韓国伝統のメニュー「チャプチェ・ナムル・ちぢみ」など
 地域性を生かした献立をとりいれています。



タイトル ファイル名 サイズ
給食だより 2013年10月 201310_kondate.pdf 121 KB
給食だより 2013年9月 201309_kondate.pdf 142 KB